TK@wm1a

イヤホンを買ったり、買わなかったり。やっぱり買ったり。

TRN BA8 レビュー

f:id:tkwm1a:20201114131330j:plain

TRN BA8 のレビューです。

 

Amazonにて10960円(クーポン使用)にて購入しました。

現在は13800円にてLuckLZさんで販売されています。 

Aliexpressであればいくらか安く手に入れることもできるでしょう。

 

付属品は、ケーブル、イヤーピース、ケーブルでした。

ちなみに、このケースは上に引っ張るだけです。簡単に外れる感じではないので、カバンの中でいつの間にか開いちゃうことは無さそうです。

f:id:tkwm1a:20201114131321j:plain

 

グッドポイント👍

  • 約1万円で片側8BAドライバー。
  • 金属筐体の品質はかなり良い。
  • ケース付属なので使わないときも安心。
  • しっかりとマルチBAを堪能できる。

イマイチポイント👊

  • 中華イヤホンとしては少し高価。
  • ケーブルは交換するのがオススメ。
  • スマホでは十分な音質を得られない(DAP推奨)。

 

以下、3本構成でお送りします。

  1. 外観、装着感
  2. 音質
  3. おすすめ曲

 

1. 外観、装着感等

筐体の作りは非常に良いと思います。金属筐体は継ぎ目もなめらかで、装着感は良好です。気になるとすれば、冬の時期は筐体が冷たくてあまり積極的に使う気になれませんね、耳がとても冷たいです…(^_^;)

筐体は8ドライバを収めているとは思えないくらいコンパクトで、NX7 MK3などと同じ位のサイズ感です。VXよりも少し厚みが増しています。よほど耳が小さい方以外は耳に収まらないということは無いと思います。

付属のイヤーピースは一応使えるレベルですが、final EタイプやSpinFit CP145などに交換する方が装着感は格段に良くなります。

付属のケーブルは値段の割には、KZの付属の安いケーブルのような見た目です。装着感は悪くないですが、リケーブル推奨です。

 

2.音質

高音:☆☆☆☆

中音:☆☆☆

低音:☆☆☆

音質はかなり良いです。搭載されているBAドライバーは8機で、低域*1、中低域*2、中高域*2、高域*3の構成となっています。中低域と中高域をカバーするようにBAドライバが構成されているのもあり、寒色系ドンシャリとなっています。

各帯域をざっくりと表すと、高域は主張が強めで鮮やか、中域は適度な存在感、低域はそこそこ量感もありタイトな印象です。また、少し駆動力を必要とするので、スマホ向けではないです。音の分離感は非常に良く、マルチBAらしい音を鳴らしてくれます。個人的には電子音楽、futurebassなどの音楽を聴く方には是非聴いてみて欲しい音作りになっています。

高域は担当するBAドライバーの数が多いこともあり、主張が強めで鮮やかです。マルチBAらしく解像感は高めで、キラキラした伸びの良いサウンドになっています。お気に入りポイントはこの高域で、電子音楽をよく聴くため、この鮮やかでしっかりと主張がある音は聴いていて楽しいです。

中域は少し凹んでいるように感じますが、ボーカルはしっかり前に出てきます。特に女性ボーカルは映えますね。鮮やかで、金属筐体を生かした音の広さもあります。高域から中域にかけて、この帯域はクッキリハッキリサウンドなので、聴き疲れしやすいと感じる人もいるかも。

低域は他に比べて主張は強くなく、担当するBAドライバーの数も少ないですが、量感としては十分かなと思います。EDMなどをよく聴く方には少し物足りなく感じるかもしれません。また、低域に音数の多い曲だと、音が被って聴こえることがあります。低域に関しては分離感はそれなりです。また、自然さはBA機としては十分ですが、ハイブリッド機には及ばない印象です。

 

3.おすすめ曲

・Shine (Gabriel Drew & Bloom Remix) / Spektrem

NCSから個人的なお気に入りを一曲。明るいテンポと、高音が特徴的なハウス系。BA8であれば重なる電子音もしっかりと分離して聴くことができますね。

 

・Clock Strikes / ONE OK ROCK

ロック系ということでONE OK ROCKより一曲。男性ボーカルであっても気持ちよく聴くことができます。

 

・future bass (Prod. Yunomi) / Kizuna AI

女性ボーカル曲としてfuturebass系から一曲。やはりこの手の曲はBA8の得意分野のように思います。高音が鮮やかなので、高音好きには鮮やかさが癖になりますね。低音もしっかりと圧とキレがあり、しつこくない感じは好印象です。

 

・快晴 (feat. IA) / Orangestar

ボーカロイドからも一曲。ギターの音が気持ちよく、IAの声もしっかりと映えます。楽器の音が分離していて、その中にボーカルが浮きだって聴こえます。ここはマルチBAらしさを感じますね。

 

総評

おすすめ度は80点。個人的に音作りとしては非常に好きな音で95点をつけたいところですが、試聴ができない博打中華イヤホンとしては少々値段が張ります。TRNのフラッグシップに相応しい完成度、KZとは違う方向性で仕上げてきたTRNのレベルの高さを感じました。クーポン等やセールで1万円ほどで買えるならかなりアリです。急いで飛びつくほどではないと断っておきますが、高音好きであれば買って損は無いと思います。